美術陶芸 > 吉田美統

国指定重要無形文化財「金彩」の保持者

吉田 美統 よしだ みのり

昭和07年 石川県小松市に生れる

昭和26年 家業である錦山窯の三代目に就く

昭和38年 第二回九谷新作展県知事賞受賞

昭和45年 日本万国博覧会にて石川県を代表し「百人一首大花瓶」を出展

昭和49年 日本伝統工芸展入選

昭和53年 一水会陶芸一水会賞受賞

昭和54年 釉裏金彩鉢外務省買上作品に選抜出展

昭和55年 第三回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞

昭和59年 日本伝統工芸展奨励賞受賞

平成 元年 第12回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞

平成04年石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会 技術保持者に認定

平成04年 日本伝統工芸展高松宮記念賞受賞

平成05年 銀座和光ホールに於いて個展開催

昭和57年 釉裏金彩鉢ワシントンのサックラー美術館の永久保存作品に選抜出展

平成07年 第42回日本伝統工芸展監査委員

平成09年 銀座和光ホールに於いて個展開催 国際色絵陶磁器フェアにて受章

平成10年 日本橋三越本店にて個展開催 

平成12年 第47回日本伝統工芸展鑑査委員 第47回日本伝統工芸展保持者賞受賞

平成13年 紫綬褒章授賞、国指定重要無形文化財金彩の保持者に認定

昭和57年 石川県文化功労賞受賞

平成17年 日本伝統工芸展審査委員

平成18年 旭日小綬章受賞

平成27年 日本伝統工芸展入選(以後、毎年連続入選)

現在 国指定重要無形文化財金彩の保持者/石川県指定無形文化財