販促商品 > つぼつぼ銘々皿

​オリジナル 京都 大日窯・竹村陽太郎 特製

つぼつぼ銘々皿 当社オリジナル商品

「つぼつぼ」の文様について

この皿には「つぼつぼ」といわれる丸い文様がデザインされています

「つぼつぼ」とは、江戸時代に京都伏見稲荷の初午の日に門前で売られていた

直径一寸ほどの素焼きの器です。

小さな土鈴のような陶器のおもちゃだったという説と、

お稲荷さんへのお供えの器だったという説とあるようですが、

物事の初めの吉祥物として愛されていたものであり

家内安全、商売繫盛、五穀豊穣などを願う縁起物とされていました。

 

後に、その素焼きの器の形を茶人である千利休の孫にあたる

千 宗旦(千家三代)が千家の替紋として使用しはじめ、

「つぼつぼ」と呼ぶようになった文様です。

茶道では「つぼつぼ」の文様を替えて流派により区別化されています。

 

この銘々皿は、京都山科に工房を構える大日窯で制作されたものです。

tubotubo_0.jpg